ミコライオ三盗悔やむ「サインを見落としてしまった」

[ 2012年9月10日 06:00 ]

<広・D>9回、同点に追いつかれガックリのミコライオ(中)

セ・リーグ 広島3-3DeNA

(9月9日 マツダ)
 広島は守護神ミコライオが逃げ切りに失敗した。8回2死二塁から梵、エルドレッドの連続二塁打で逆転しながら、9回1死二塁から荒波に許した三盗が、同点劇の伏線となった。

 「8回に最高の形で逆転したけど、二塁走者をノーマークにしてしまった。もったいなかった」

 野村監督もその場面を悔やんだ。ベンチからは“クイック”の指示も出していた。直後の1死三塁、中村の二ゴロの間に同点とされた。

 「足の速いランナーを三塁へ行かせたのがゲームにとって大きかった」

 ミコライオも荒波の三盗を悔やみ、さらには自らの非も認めた。「サインを見落としてしまったというのはある」。クイックではなく、ゆったりしたフォームで投げたことを、素直に反省した。

 8回を2失点だった野村の10勝目がスルリと消えた。ヤクルトも引き分けただけに、本当に痛いドローだった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2012年9月10日のニュース