岡田走塁ミスが痛かった…ロッテ8連敗で5位転落

[ 2012年9月10日 06:00 ]

<ソ・ロ>5回無死一、二塁、打者・荻野貴の時に二走・岡田が飛び出し三塁憤死(左は明石)

パ・リーグ ロッテ0-3ソフトバンク

(9月9日 ヤフーD)
 ロッテは今季9度目の零敗で今季ワーストの8連敗となった。致命的な走塁ミスが出たのは、3点を追う5回無死一、二塁。荻野貴がセーフティーバントを狙ったが空振りし、大きく離塁した二塁走者・岡田が三塁でタッチアウトになった。

 西村監督は「絶対に飛び出してはいけない。あれで相手のペースにさせてしまった」と厳しく指摘。前半戦首位を独走してきたが、ついに5位に転落し、CS進出も危うくなってきた。

 ▼ロッテ・藤岡(4回6安打3失点で6敗目)ペーニャは低めが得意な打者。(3回の)3ランは狙った内角低めに投げられたが、もう少し高めの方がよかった。あの1球でチームに迷惑をかけた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2012年9月10日のニュース