BC石川、マウイと親善試合…吉田えりは1回1失点

[ 2012年9月10日 22:17 ]

 北信越地方などのチームでつくるプロ野球独立リーグ、ベースボール・チャレンジ(BC)リーグの石川ミリオンスターズは10日、吉田えり投手(20)が所属する米独立リーグのマウイと金沢市で親善試合を行った。吉田投手は5回の1イニングのみ登板した。

 吉田投手は男子に交じってプレーする日本初の女性プロ野球選手で、ナックルボールが持ち味。登板すると観客から大きな拍手で迎えられたが、ボークで1失点。7回表にマウイが1点を返したが、雨が激しくなり、6回コールドゲームとなった。マウイの1点は無効とみなされ、試合は2―0で石川が勝った。

 試合後「もったいないミスだった」と振り返り、「アウェーの試合だったが、温かく迎えてくれて背中を押してもらえた」と話した。試合は11日も行われ、吉田投手が先発出場する予定。

 石川は米国などからも選手を受け入れ、国際的な人材交流を進めている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月10日のニュース