9回粘ってドロー 中畑監督「引き分けは“よし”とする」

[ 2012年9月10日 06:00 ]

<広・D>9回、1死三塁、中村紀のとき、二塁走者・荒波は三盗成功(野手・木村)

セ・リーグ 広島3-3DeNA

(9月9日 マツダ)
 DeNAは土壇場の粘りで今季9度目のドローに持ち込んだ。1点リードの8回に2点を奪われ逆転されたが、9回1死二塁から二塁走者の荒波が三盗に成功。中村の二ゴロが適時失策となり、同点とした。

 中畑監督は「8回裏の2点でジ・エンドかと思った。いい粘りだった」と評価。広島には4勝15敗2分けと大きく負け越しているだけに「引き分けにできたことは“よし”としましょう」と自らに言い聞かせていた。

 ▼DeNA・加賀美(8回2死二塁、梵に同点二塁打を許すなど7回2/3を3失点)そういうのを乗り越えて勝てる投手にならないといけない。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2012年9月10日のニュース