ストラスバーグ今季もう投げない 肘手術で投球制限

[ 2012年9月10日 06:00 ]

 ナショナルズのデーブ・ジョンソン監督が15勝を挙げているストラスバーグを、今季の残り試合に登板させないことを発表した。

 一昨年9月に右肘の手術を受けており、今季は約160回の投球制限を設けていた。7日のマーリンズ戦で159回1/3に達していた。ナ軍は現在地区首位で、前身のエクスポズ時代の81年以来、31年ぶりのプレーオフ進出が確実。ポストシーズンでも登板できないが、指揮官は「私の仕事は選手にとってベストの選択をすること。そしてこれがベストだ」と話した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月10日のニュース