吉永に続け!早大1年・河原が代打で初本塁打

[ 2012年9月10日 06:00 ]

<東大・早大>9回表1死(早)右越えソロホーマーを放った河原

東京六大学野球第1週第2日 早大11-3東大

(9月9日 神宮)
 2回戦2試合が行われた。第2試合では春秋連覇を狙う早大が東大を下し、勝ち点を挙げた。9回には代打で出場した河原右京内野手(1年)がリーグ戦1号本塁打を放つなど、14安打で11得点をマークした。第1試合では慶大が立大に2試合連続の逆転勝利を収めた。

 ゴールデンルーキーは吉永だけではない。早大の1年生・河原が9回に代打でリーグ戦初安打初本塁打。内角低めのスライダーを右翼席へ運び、「来た球を強く打とうと思った。(ダイヤモンド1周は)何も覚えていません」と初々しい笑顔を見せた。

 大阪桐蔭で2年から4番を務めるなど打撃センスは抜群。早大進学後はバットが金属から木製に替わって対応に苦しんだが、「今はポイントをつかんだ感じがする」と手応えをつかんだ。藤浪ら高校の後輩たちが今年の甲子園大会で春夏連覇を達成したことも「こちらも頑張ろうと刺激になる」と発奮材料になった。

 互いに切磋琢磨(せっさたくま)する吉永は本調子でなかったが、6回3失点で春のリーグ戦から無傷の5連勝。河原は「雲の上の存在だけど、吉永に近づいて追い越せるようにしたい。遊撃手で定位置を取りたい」と力強く宣言した。

 ▼早大・吉永(6回6安打3失点で白星)直球も変化球もダメ。切れがなかった。修正ポイントは分かっているので次回までに調整したい。

 ▼東大・御手洗健治監督(11失点の投手陣に)もう少し粘らないと。序盤からうちが追いかける展開は厳しい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月10日のニュース