納得いかない栗山監督 ノーゲームに「2点と4安打返してよ」

[ 2012年6月10日 07:35 ]

球場を後にする日本ハム・栗山監督

交流戦 日本ハム―DeNA(降雨ノーゲーム)

(6月9日 横浜)
 日本ハムは初回に4安打で2点を取った後に中断。2度で計46分待った揚げ句にノーゲームとなり、栗山監督は「悲しいよね。あそこまで待ったらやると思ってた。2点と4安打返してよ…」と納得がいかない様子だ。

 先発の多田野が1球も投げずに終わったことがせめてもの救いで、11日の中日戦(ナゴヤドーム)にスライド登板する。指揮官は「誰もケガしなかったことをよしとするしかないね」と前を向いた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月10日のニュース