“ハマの番長”愛馬リーゼントブルース 8戦目の初勝利

[ 2012年6月10日 12:30 ]

 プロ野球横浜DeNAベイスターズの“ハマの番長”三浦大輔投手(38)の愛馬リーゼントブルース(牡3=栗東・矢作厩舎、父シニスターミニスター、母ペルラー)が、10日の東京競馬場3Rの未勝利戦(ダート2100メートル、晴重、16頭)で初勝利を飾った。

 松岡正海騎手騎乗のリーゼントブルースは好スタートを切って先手を奪うと、3コーナー手前で先頭を譲ったが直線で再び抜け出して2着フレンドワンに首差の勝利。三浦が自身の髪形から名付けた同馬は、昨年11月6日の新馬戦で2着と好走したが7戦未勝利。この日が8戦目だった。

 三浦はこの日午後6時から横浜スタジアムで行われる楽天戦に先発する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年6月10日のニュース