松井、今年は“奮いタツ”!「不安ほとんどない」

[ 2012年1月8日 06:00 ]

 アスレチックスからFAとなっている松井が、今年の干支(えと)で自身にとって縁起のいい「辰年」を復活イヤーにする。

 取材に応じた松井は7日、都内で始動したことを明かし、体重は昨シーズン中と同じ100キロ前後をキープしていると明言。所属先こそ未定だが、自身の状態については「膝の状態がいいことが一番。不安はほとんどない」と例年以上の手応えを口にした。

 プロ20年目の今年は験の良い年だ。前回の「辰年」だった00年は巨人で42本塁打、108打点をマークし2冠とMVPを獲得。日本シリーズMVPも受賞した。6月2、4日の中日戦ではナゴヤドーム5階席に特大本塁打を放つなど、記録にも記憶にも残る一年で「(00年が)辰年だったという意識はなかった…。そういうこともありましたね」と笑顔で振り返っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月8日のニュース