番長「ウソ!」福島の子供たち「中畑監督」知らず…

[ 2012年1月8日 06:00 ]

子供たちとの記念撮影で自分撮りするDeNA・三浦

 DeNA・三浦が横浜市内で、被災地である福島県在住の子供約40人を対象に、キャッチボール教室を開いた。福島県外で遊んでもらおうという支援策の一環だったが、連日メディアに露出している福島県出身・中畑新監督の予想外の知名度の低さにびっくり。「ウソ、知らへんの?監督も福島(出身)やろ…。DeNA浸透してへんな」。質問コーナーが終わった後に「横浜の新監督は誰?」と子供たちに聞いたところ「し~ん」。子供たちは沈黙したままだった。

 新生球団。強くなれば知名度も上がる。チームは4年連続最下位で、自身も昨季は5勝止まり。「横浜も生まれ変わって、三浦大輔も生まれ変わらないと。他球団になめられてるのが悔しいし、我慢できない」と珍しく感情をあらわにした。

 10日から神奈川県厚木市で始まる自主トレには国吉、小林寛も参加予定。「やればやるほど伸びるから走らせる。厳しい練習で残れなかったらそこまでの選手」と地獄トレを宣言した。「今は監督が出ているけど、試合で選手が活躍して明るいニュースで紙面を飾れるようにしたい。福島の子たちにも頑張っている姿を覚えてもらいたい」。オフだけではない。シーズンでもDeNAが主役になる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月8日のニュース