宮本の美学 2000安打達成で「引退」示唆

[ 2012年1月8日 06:00 ]

自主トレ後、松山市内の権現温泉でくつろぐ宮本(中央)

 これが俺の美学、引き際の美学だ。ヤクルト・宮本慎也内野手(41)が7日、愛媛県松山市内で18年目のシーズンに向けて始動した。

 「(今季が)最後のつもりで、理想はそういう気持ち。駄目だったら辞めるというスタイルで、30代後半からやってきた。今季で2年契約が終わるし、辞めても悔いはない思いでやっている」

 今季限りでの引退も示唆するベテラン。その前には残り25本と迫った通算2000安打がある。「2000本があるから(2年)契約してもらった。達成が恩返しになる」。球団に感謝している。だからこそ大台が野球人生の節目と考えている。それだけに「できるだけ早く25本打って、監督が(起用法に)気を使わないようにしてね。その後、若手とポジション争いして自分を追い抜いてもらって、チームも優勝したら辞めるとか辞めないの話になるでしょう」と話した。

 2000安打達成後は後進に道を譲ってもいい…。今回の自主トレでも、飯原ら約10人の若手を帯同。自身の練習だけでなく、ノッカーを務めて2年目の山田らに基本動作を叩き込む。「遠慮なしのポジション争いがしたい。安心してやめられる状況になればいい」と若手の成長に期待しつつも、「まだまだですけど」のひと言も忘れなかった。

 今年は後厄。年末には風邪で体調も崩したが、年始には厄払いも済ませた。2月1日からの沖縄・浦添キャンプでは、例年より早めに体をつくるという。「監督にお願いして、代打とかで早く出られればと思う。(2月)20日くらいにはね」と実戦出場の青写真も描く。開幕すればXデーはすぐ。昨季は25本は20試合目。今季は4月22日の巨人戦(神宮)が20試合目にあたる。「やっぱり神宮で打ちたいね」。引退の2文字も背負って臨む集大成の一年。宮本には例年以上に刺激的で緊張感のあるシーズンとなる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月8日のニュース