村田バントも辞さず「決まればチームのためになる」

[ 2011年12月18日 06:00 ]

「GIANTS」と記した村田のサインボール

 横浜からFA宣言して巨人に移籍した村田が、犠打も含めた小技の練習を開幕まで進めていく意向を示した。

 「スタイルを大きく変えることはないと思う」と前置きした上で、「バントは長いことやっていないので。ちょっと練習しておかないといけないと思う。決まればチームのためになるし、失敗すれば自分の成績を下げることになる」と話した。横浜時代は不動の4番だったが、巨人ではさまざまな打順を打つ可能性があり、状況に応じた打撃も必要とされる。

 巨人の一員として初参加となった野球教室では「GIANTS」とサインに記すなど、実感も湧いてきた。松坂から「優勝請負人として戦ってほしい。30発、100打点は最低ライン。僕も新たに刺激を受けると思う」とエールを送られた村田は、「大輔も復活があるし、僕も新たな挑戦。頑張る姿を見せたい」とあらためて決意表明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月18日のニュース