中畑監督らが80周年祝う プロ4球団で東都出身者が監督に

[ 2011年12月18日 18:26 ]

 東都大学野球連盟は18日、東京都内のホテルで創立80周年記念祝賀会を開き、駒大出身でプロ野球DeNAの中畑清新監督や青学大出身のソフトバンクの小久保裕紀内野手、ロッテの井口資仁内野手ら約1800人が出席した。中畑監督は「野球界を支えてきた東都の歴史は重みがある」と感慨に浸っていた。

 来季のセ・リーグは和田豊新監督(日大出身)の阪神をはじめ、4球団で東都大学リーグ出身者が指揮を執る。中畑監督は「それは面白い。東都魂のぶつかり合い。胸を借りるつもりでやっていきたい」と声を弾ませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月18日のニュース