現役7選手が参加 高校生にトレーニング方法を伝授

[ 2011年12月18日 06:00 ]

高校生を前にピッチングのアドバイスをする増渕

 都内で開催されたこの日のシンポジウムにはヤクルト・相川、増渕、久古、川端、巨人・隠善、中井、須永の現役7選手が参加した。

 独自のトレーニング方法や栄養管理術を披露し、最後は高校生からの質問に答える形で簡単な技術の指導も行った。来年からのテストケースについて、相川は「学生服より、ユニホームでやった方がいい。野球はそういうもの。グラウンドならば自分の技術を見せることができるし、球児も思いきって動ける」と歓迎した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月18日のニュース