野茂「悔いが残る。まだまだやりたい」

[ 2008年7月18日 06:00 ]

4月にロイヤルズの中継ぎとしてマリナーズ戦に登板、イチローと対決した

野茂に聞く

 ――決断に至った経緯は。
 「中途半端にしていてもしようがないし、けじめをつけないといけない。ファンにも報告しないといけない。どこも取ってくれる球団はないと思う」

 ――現役続行への未練はないか。
 「自分の中ではやりたいが、プロ野球選手としてお客さんに見せるパフォーマンスは出せないと思うし、同じように思っている球団も多いと思う」

 ――4月にロイヤルズで大リーグ復帰を果たし、ある程度納得した部分はあるのか。
 「そんなことは全然ない。引退する時に悔いのない野球人生だったという人もいるが、僕の場合は悔いが残る。自分の中ではまだまだやりたい気持ちが強いが、自分の気持ちだけで中途半端にしていても周りに迷惑をかけるだけだと思った」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月18日のニュース