大石監督代行 執念采配で1勝確保

[ 2008年7月18日 06:00 ]

 【オリックス6―5ロッテ】オリックスは9回に1点差まで詰め寄られたが、何とか逃げ切った。大石監督代行は「3連敗しているようでは、最下位にいるのでしんどい」と安どした様子だった。勝利への執念が采配にあらわれていた。5回に突如制球を乱したオルティズを2死で降板させ、6回からは1イニングごとに投手を交代していった。結果的に成功しなかったが、6回にはスクイズのサインも出してどん欲に1点を取りにいった。大石代行は「この勝ちは大きい」と何度もうなずいた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月18日のニュース