「日本の村田」を五輪でアピールだ

[ 2008年7月18日 06:00 ]

<横浜・広島>5回1死一塁、横浜・村田が左越え2ランを放つ

 【横浜9―8広島】横浜の村田が五輪・4番を猛烈にアピールした。7―4の6回1死一塁、梅津がこの日初めて投じたスライダーを「ずっと狙っていた。前の対戦から」と左翼席最上段へ25号2ラン。この一発が効き、両軍合計6本塁打の打撃戦を制した。3戦連発で巨人・ラミレスには1本差。8回の中前打で打率3割も超えた頼れる主砲に大矢監督も「できれば五輪でも4番に座ってくれれば。どこに出しても恥ずかしくない」と太鼓判だ。村田も「いつでも打てる準備はする。日本の村田という、いい打者がいるというところを見せたい」と意欲満々だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月18日のニュース