ヤクルト セ新1イニング6盗塁

[ 2008年7月18日 06:00 ]

<阪神・ヤクルト>9回1死満塁、福地は本盗を決める

 【ヤクルト3―0阪神】ヤクルトは走りに走って1イニング6盗塁。58年ぶりのプロ野球タイ記録だ。0―0の9回1死満塁で田中がスクイズバントを空振り。捕手の矢野がワンバウンドのボールを前にこぼす間に、三塁走者の福地がそのままホームイン(記録は本盗)。一、二塁の走者もそれぞれ盗塁に成功した。足で決勝点を稼いだ福地は「久保田のボールの角度と、あれだけはじいたんで突っ込むしかないと。ホームスチールは初めて」。18年ぶりの三重盗だけじゃない。直前にも福地、青木で二重盗、この回ウィルソンも二盗を決めて計6盗塁は50年の南海以来の珍記録だ。福地は25盗塁でセ・リーグ盗塁トップに浮上した。自慢の機動力野球でチームも4位浮上。高田監督も「うまくハマッたね。足を絡めて理想的だった」とご満悦だった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2008年7月18日のニュース