梅津が2発被弾 連敗で5位転落

[ 2008年7月18日 06:00 ]

 【広島8―9横浜】広島は最下位・横浜に連敗を喫し、5月25日以来の5位に転落した。誤算は23試合連続無失点中だった梅津だ。同点の6回1死一、二塁で救援するとカウント2―0から仁志に3ラン、村田にも1―3から2ランを被弾。「要求はボール球だったんですけどね。両方とも力んで中に入った…」。梅津が平身低頭すると、ブラウン監督も「きょうはカウント2―0からの本塁打が2本。逆球、失投が多すぎた」と嘆いた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月18日のニュース