PR:

【中畑清WBC視点】日本野球の象徴だった中田 意表突く盗塁が呼んだ一挙5点

WBC1次ラウンドB組   日本11―6キューバ ( 2017年3月7日    東京ドーム )

<日本・キューバ>5回1死一塁、打者・坂本の時、中田が足を踏まれながら二盗を決める
Photo By スポニチ

 どっちに転ぶか分からない流れを一気に引き寄せた5回のビッグイニング。侍ジャパン・中田の二盗が効いたねえ。1死から四球で出塁。坂本の1ストライクからの2球目、左腕イエラの隙を突いて最高のスタートを切った。走るイメージのない選手のスチール。明らかに相手のリズムを崩した。

 意表を突いた盗塁がつながりを生んでの一挙5点。この日の中田、第1打席の四球から違うと思った。強化試合では外に逃げていく球を追いかけて引っかけたり空振りしていたのに、いい形で見逃していた。2つ目の四球からの二盗は集中していた証拠。本番になってスイッチが入ったんだ。

 演出してくれたのはスタンドを埋めたお客さんだね。360度から降り注ぐ声援。地元での国際試合しかありえない。まさに地の利。ファンの熱気がいまひとつだった強化試合の雰囲気を本気モードに変えてくれた。

 中田だけじゃない。青木が攻守でチームを引っ張り、松田も3ランを含む4安打だ。田中の存在で脅かされていた三塁のポジション、先発起用に応えた。チーム内の競争がいい緊張感を生んでいる。そしてとどめを刺した筒香。先制打といいダメ押し弾といい、さすが不動の4番だ。

 継投には大きな不安を残したけど、こと攻撃に関しては上々の発進。全員で相手にかかっていく日本野球の象徴が中田だったってわけだけど、ファンにも感謝したい。(スポニチ本紙評論家) WBC組み合わせ

[ 2017年3月8日 08:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月16日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム