PR:

若手は自分の感情を抑えろ!アリエッタ「さもないと次の打席で…」

カブスのジェーク・アリエッタ投手(AP)
Photo By AP

 「バットフリップ」とは打者がホームランを打った際、バットを高々と放り投げて自身の感情を表現する行為。ただ、これは野球界に存在する暗黙のルールによってタブー視されるものだ。カブスのジェーク・アリエッタ投手(31)はこのバットフリップに眉をひそめる一人。7日に出演したラジオ番組で次のように語った。

 「バットフリップに関してはベテラン選手がする分には問題ない。でも、若手選手の場合なら、次の打席で脇腹あたりにぶつけられるかもしれないね」。

 バットフリップはベテラン選手がするのであれば見逃す。しかし、若手選手であれば、報復死球が待っている。これがアリエッタの主張だ。ベテランか若手かはさておき、報復として死球を与える。この考えはいかがなものか。確かに過剰な感情の表現は相手への敬意を欠く。しかし、この暗黙のルールに対して「時代錯誤でばかげている」という声があるのも事実だ。

[ 2017年3月8日 16:08 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月23日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム