PR:

【槙原寛己WBC視点】楽勝かと思ったら…モヤモヤ残るハラハラ継投

WBC1次ラウンドB組   日本11―6キューバ ( 2017年3月7日    東京ドーム )

<日本・キューバ>7回無死、則本がデスパイネにソロを浴びる
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの菊池に青木、キューバの中堅手サントスが再三の好守を見せ途中まではWBCにふさわしい好ゲーム。ドキドキしながら見させてもらった。5回の一挙5点で楽勝かと思ったら、終盤のハラハラ継投である。

 先発の石川は初戦先発という重圧の中で4回を1失点と素晴らしい内容だった。2番手の則本も2イニングはよかった。7回以降の継投パターンが確立していれば、ここでお役御免。ところが、後ろが決まってないから3イニング目まで引っ張り、7回につかまった。

 8回は平野。2安打を許しながら2死までこぎつけたから続投でよかったのに代えてしまう。しかも抑えで使うと思っていた秋吉の投入だ。この秋吉がタイムリーを打たれて9回は牧田。順番が逆じゃないのかな。モヤモヤが残る。

 打線が11点も取ってくれたからよかったものの、相手にいい投球をされたらこうはいかない。1点を大事にするのがWBCの野球。過去3大会、こんな試合は見たことない。早く「これでやられたら仕方ない」という形を見せてほしい。(スポニチ本紙評論家) WBC組み合わせ

[ 2017年3月8日 08:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ