PR:

侍J菊池 初回にスーパー併殺完成「入ってくれた」

WBC1次ラウンドB組   日本11―6キューバ ( 2017年3月7日    東京ドーム )

<日本・キューバ>初回無死一、二塁、セペダの打球を二塁手の菊池が好捕し二塁へ送球
Photo By スポニチ

 侍ジャパン・菊池が鉄壁の守備でチームの危機を救った。初回無死一、二塁、セペダの一、二塁間への強烈な打球をスライディングキャッチ。起き上がりざまに反転して二塁送球し、4―6―3の併殺を完成させた。

 「とりあえず止める。(グラブに)入ってくれたので(二塁カバーの)勇人さんを信じて投げました」。ピンチの芽を摘み取り、傾いた流れを引き戻した。

 5点リードの9回1死一、二塁の場面でも2番・アヤラの一、二塁間への打球をスライディングで押さえて一塁送球。抜けていれば、大量点につながりかねない状況を再びの好守で防いだ。「最初は緊張していましたが、自分のプレーができて力が抜けた」。昨季まで4年連続ゴールデングラブ賞獲得の守備の達人に、小久保監督は「独特の緊張感でスタートした中、菊池のゲッツーは非常に大きかった」と賛辞を惜しまなかった。 (桜井 克也) WBC組み合わせ

[ 2017年3月8日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月14日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム