PR:

岡田に万雷の拍手!「頑張れ〜〜」の声援に押され、ピンチで併殺斬り

WBC1次ラウンドB組第2戦   日本4―1オーストラリア ( 2017年3月8日    東京D )

<オーストラリア・日本>5回1死満塁のピンチを併殺で切り抜けた岡田に小林(左)が大喜びで駆け寄る
Photo By スポニチ

 中日の岡田が連投でピンチをしのいだ。1―1の5回、先発の菅野が死球と内野安打で走者を出した1死一、二塁から2番手で登板。しかし制球が定まらず、暴投に四球で満塁とされた。

 緊迫の場面では、観客席からも「岡田、頑張れ〜〜」の声援が飛ぶ中、間合いを取った捕手の小林の「自信を持ってど真ん中に投げてこい」の言葉に応え、2番ベレスフォードを2ボールから二ゴロ併殺に仕留め、得点を許さなかった。

 その瞬間、まるで勝利の瞬間のようだった。万雷の拍手の中、まず捕手の小林が駆け寄ると、ベンチから同じ中日の平田が飛び出し、ホッとした表情の岡田を出迎え、侍ジャパンのチームメートも続いた。

 岡田は「気持ちが先走っている状態だった。間合いを取ってもらえ、お客さんの声援がストライクゾーンにボールを送ってくれた」と感謝していた。

 岡田は昨年11月のオランダとの強化試合で、延長タイブレークの10回を無失点で乗り切る好救援を見せた。この日もピンチで持ち前の強心臓ぶりを発揮してみせた。 WBC  試合速報

[ 2017年3月8日 23:32 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月25日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ