成瀬國晴選 タイガース川柳大賞

2017年8月第3週

<週間賞>

立秋を 過ぎ!福留が 走ったで!(大阪府吹田市・西山嘉員)

<佳作>

全員で 全員で打ち 穴埋めを(香川県宇多津町・中山喜博)

記録より いつも元気な 鳥みたい(和歌山市・角谷昌俊)

入場料 大和の守備に 価値を知る(大阪市・後藤憲之)

背信の 登板終えて 一人旅 (徳島市・真島高義)

 【講評】選考委員長・成瀬國晴(イラストレーター)

 「小さな秋の風」が吹いた。

 日中は高校野球、夜は阪神戦と、首まで野球に浸っているお盆だ。

 巨人に1勝2敗、DeNAに2勝1敗だった先週も話題豊富だ。

 人が犬をかむとニュースになるが、福留選手が激走すると川柳になるのか。

 9日、巨人戦の9回表。走者を一塁に置いて同点三塁打の福留選手の激走を西山嘉員さんは感動句で週間賞。

 40歳のキャプテンに立秋はよかったね。

 10日の巨人戦。好投のメッセンジャー投手は足に打球が当たり、7回に緊急降板した。

 今季絶望的と報じられた翌11日のDeNA戦。中谷選手の13号3ラン、ロジャース選手の4号2ランに加えて先発全員安打。先発・岩田投手も7回1失点で2勝目を挙げた。

 中山喜博さんの「全員で全員で」が、よく効いている。早期復帰を祈ります。

 13日に巨人・阿部選手が2000安打を達成し“次は鳥谷選手だ”の記事が躍る。

 角谷昌俊さんは、いつも元気でプレーしていれば記録はついてくる、と励ます。

 大和選手のプレーは華麗で気持ちがいいね。入場料は安いね、後藤憲之さん。

 8日の巨人戦。4回6失点の乱調だった岩貞投手は、試合中に強制送還された。

 帰路の心中を察する真島高義さんの句は、捲土(けんど)重来を願っている優しさを感じる。

 ▽応募方法 〒530―8278 スポーツニッポン新聞社報道部「タイガース川柳」係。メールの場合はyakyuu−o@sponichi.co.jp、ファクスの場合は(電)06(6346)8574まで。郵便番号、住所、氏名、年齢を記入のこと。次回は20日必着。掲載は22日。

[ 2017年8月15日 14:27 ]

Webtools & Bookmarks

◆成瀬 國晴(なるせ・くにはる)
1936年大阪市生まれ。イラストレーターとして、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、商業デザインなど幅広い分野で活躍。レポーター、番組司会者、コメンテーターとしての顔も持つ。 日本漫画家協会会員、宝塚大学講師。大阪府知事文化功労者表彰。第24回上方お笑い大賞審査員特別賞受賞。2007年大阪市市民表彰(文化功労者部門)、関西ディレクター大賞・特別賞受賞。
成瀬國晴HP【成瀬國晴どっとcome

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月22日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム