×

昨年王者・パグンサン、今年もクラブ11本で大会連覇を目指す 26日開幕ミズノ・オープン

[ 2022年5月25日 15:25 ]

 男子ゴルフのミズノ・オープン(賞金総額8000万円、優勝賞金1600万円)は26日から4日間、岡山県笠間市のJFE瀬戸内海GC(7461ヤード、パー72)で行われる。大会連覇を目指すフィリピンのジュビック・パグンサン(44)は日本ツアー初優勝を果たした昨年のこの大会同様、11本のクラブで戦う。

 「まだ、最終的に決めてはいないけど、多分、11本でいくと思う」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって昨年はキャディーを帯同せず、自らバッグを担いで参戦。バッグの重量を減らして体力を温存するため14本のクラブを11本にした。今季は開幕から帯同キャディーを付けている。バッグの重量を気にする必要はないが「クラブが多過ぎると思うことがある」とクラブ選択の迷いをなくすため昨年と同じ1W、3W、U(21度)、5I、7I、9I、PW、46度、52度、58度、パターの厳選11本にした。

 昨年はコロナ禍の中の渡航制限もあり、今大会優勝の資格で手にした全英オープン出場の権利を行使せず、東京五輪出場を選択したが、その後、渡航制限は緩和され、渡英も比較的容易になった。

 今年の全英の舞台はゴルフ発祥の地、セントアンドリュース。「あそこでプレーするのは夢だから」。1年前の再現に色気十分だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月25日のニュース