×

西岡 ジョコビッチに完敗も見せ場 コートに「ヨシ・コール」響き「ちょっと優越感」

[ 2022年5月25日 05:30 ]

テニス 全仏オープン第2日 ( 2022年5月23日    パリ・ローランギャロス )

ジョコビッチに敗れた西岡(AP)
Photo By AP

 男子シングルス1回戦で、世界ランキング99位の西岡良仁(26=ミキハウス)は前回覇者で世界1位のノバク・ジョコビッチ(35=セルビア)に3―6、1―6、0―6で敗れた。世界5位のラファエル・ナダル(35=スペイン)は世界82位のジョーダン・トンプソン(28=オーストラリア)に6―2、6―2、6―2で快勝し、14度目の優勝に向けて好スタートを切った。

 西岡が第1セット最初のゲームで3度のブレークポイントを握り見せ場をつくった。結果的にはキープされ、2―3の第6ゲームで先にブレークを許すと、一気に畳みかけられて完敗。ジョコビッチへの3度目の挑戦もはね返されたが「過去2回は何もできなかった。いいプレーができたし、チャンスも増えた」と手応え。技巧的なプレーで存在感を発揮。センターコートに何度も「ヨシ・コール」が響き「彼が世界1位なのに僕の方が(声援は)多かった。そこだけちょっと優越感に浸った」と笑った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月25日のニュース