×

【二所ノ関親方 真眼】宇良 仕切りから仕掛け自分の距離で粘れた

[ 2022年5月20日 05:30 ]

大相撲夏場所12日目 ( 2022年5月19日    両国国技館 )

突き落としで貴景勝を破った宇良(手前)(撮影・西海 健太郎)
Photo By スポニチ

 貴景勝と宇良の一戦は仕切りの段階から見応えのある「攻防」がありました。時間いっぱいとなって、宇良がまず仕切り線から離れた位置に構えました。これを見て大関も後ろに下がって中腰に。すると宇良がスルスルと前に出て手をつきました。この間こそが宇良の距離感。貴景勝も前に出て攻め込みましたが、いつもの重厚な圧力が宇良に伝わらなかった。まんまと術中にはまった印象です。

 宇良は押し込まれながらも抜群の身体能力で勝利をものにしました。自分の距離で当たれたからこそ最後の粘り腰も生かされました。大関相手でもしっかりとマウントを取ったような相撲内容で、最後まで「宇良ワールド」でした。

 照ノ富士と同様に大きなケガで序二段にまで下がりましたが、2人の共通点はイメージを一新してカムバックしていることです。業師からステップアップし、押す力を備えたことが現在の充実ぶりに結びついています。日頃の努力のたまものですし、残り3日間楽しませてくれそうです。(元横綱・稀勢の里)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月20日のニュース