稲見萌寧は25位…「本当にショットの調子が悪い。一発ミスをして、分からなくなってしまった」

[ 2021年11月26日 05:30 ]

女子ゴルフツアー ツアー選手権リコー杯第1日 ( 2021年11月25日    宮崎県 宮崎CC=6543ヤード、パー72 )

5番、ティーショットを放ち打球を見つめる稲見萌寧(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 賞金ランキング2位の古江彩佳(21=富士通)が優勝した場合、女王獲得には単独2位以上が条件となる賞金ランキング1位の稲見萌寧(22=都築電気)は2オーバー、74で25位と出遅れた。

 賞金ランク1位の稲見は74で、首位の古江と10打差の25位。フェアウエーキープ率は50%にとどまり、「本当にショットの調子が悪い。80打ってもおかしくない内容。一発ミスをして、分からなくなってしまった」と肩を落とした。

 ただし、3オーバーで迎えた最終18番で、下りの6メートルを沈めて初バーディーを奪う意地も見せた。単独2位以上に入れば、初の賞金女王が決まる。「何とか耐えて良かった。3日間あるので、毎日アンダーを出せるよう頑張りたい」と自らを鼓舞した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月26日のニュース