照ノ富士13連勝、きょうにも6度目賜杯 阿炎は貴景破り1敗守る

[ 2021年11月26日 21:05 ]

御嶽海(右)を下した照ノ富士=福岡国際センター
Photo By 共同

 大相撲九州場所13日目(26日・福岡国際センター)横綱照ノ富士は関脇御嶽海を危なげなく寄り切り、初日から13連勝で単独首位をキープ。1敗同士の対戦は平幕阿炎が大関貴景勝を押し出した。14日目に照ノ富士がただ一人1敗の阿炎を下せば、新横綱から2場所連続となる6度目の優勝が決まる。

 大関正代は玉鷲を寄り切って9勝目。関脇明生は遠藤に押し出されて負け越しが決まり、御嶽海は4敗となった。十両は一山本が2敗を守りトップ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年11月26日のニュース