田中刑事はSP76・69点「もっとできることもあったのかな」 ロシア杯

[ 2021年11月26日 20:18 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第6戦ロシア杯第1日 ( 2021年11月26日    ソチ )

ロシア杯SPの演技をする田中刑事(ロイター)

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、田中刑事(国際学園)は76・69点をマークした。

 アニメ「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の音楽に乗って演技を披露。冒頭の4回転サルコーはジャンプが乱れながらも、続くトリプルアクセル(3回転半)は着氷した。だが、後半のフリップ―トーループの連続3回転でもミスが生じた。

 演技後のオンライン取材で「ミスはミスなので。もっとできることもあったのかなと」と振り返った田中。今季のGPシリーズは2戦目で、第2戦スケートカナダでは10位だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年11月26日のニュース