前年覇者・原英莉花は出遅れ25位「ラスト3日間、気合でアンダーを出せるように頑張りたい」

[ 2021年11月26日 05:30 ]

女子ゴルフツアー ツアー選手権リコー杯第1日 ( 2021年11月25日    宮崎県 宮崎CC=6543ヤード、パー72 )

1番、ティーショットを放ち打球を見つめる原英莉花(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 前年覇者の原はティーショットが安定せず、2オーバー74で25位と出遅れ。17、18番と上がり2ホールでボギーを叩き、「最後の2ホールで落としてしまって。凄くもったいない」と悔しがった。

 前週の大王製紙エリエール・レディースでは腰痛を抱えながら今季3勝目。会場の宮崎入りしてからも痛みは残っていたが、「関係ないです。ラスト3日間、気合でアンダーを出せるように頑張りたい」と巻き返しを誓った。

 ▼2位・全美貞(ジョンミジョン) 全体的にショットが良く、チャンスが多かった。シンプルに自分ができることをしっかりやれば、結果につながるのではないかと思う。(11年大会覇者が好発進)

 ▼3位・高橋彩華 とても良いラウンド。前半はショットが荒れ気味で我慢する感じだったが、後半は落ち着いてバーディーチャンスがたくさんあった。(後半で4つスコアを伸ばす)

 ▼5位・金沢志奈 パターが良かった。ラインも読めたし、良く入ってくれた。スコアをもっと伸ばせるようにしたい。(15番でダブルボギーを叩きながらも69)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月26日のニュース