友野一希が自己ベスト更新のSP95・81点「やってきた成果が出た」 ロシア杯

[ 2021年11月26日 20:35 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第6戦ロシア杯第1日 ( 2021年11月26日    ソチ )

友野一希
Photo By スポニチ

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、友野一希(セントラルスポーツ)は自己ベストを更新する95・81点をマークした。

 冒頭の4回転トーループ―3回転トーループを成功させると、続く4回転サルコーも決める。後半のトリプルアクセル(3回転半)も着氷し、気持ちの入った演技で高得点を叩き出した。

 「朝から、良い練習ができてなくて。悪いイメージで不安の方が勝っていたけど、落ち着いてはいたので。最後の最後は、たくさん(練習を)やってきたことが自信になって、その成果が試合に出たのかなと思います」

 今季のGPシリーズは、これが2戦目。第3戦イタリア大会は6位だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年11月26日のニュース