【箱根駅伝予選会・上位成績】1位・明大、2位・中大、3位・日体大、10位・国士舘大までが本大会出場

[ 2021年10月23日 11:13 ]

<第98回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会>一斉にスタートする各校のランナー(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=来年1月2、3日)の予選会が23日、東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地内を周回する21・0975キロで行われた。上位10校に与えられる本大会の出場権をかけ、41校が出場。各校10~12人が出場し、上位10人の合計記タイムで競われ、明大が1位で通過。2位は中大、3位は日体大で、10位までが来年1月2、3日に開催される本大会に出場する。

 従来は、陸上自衛隊立川駐屯地をスタートして国営昭和記念公園にゴールするコースだが、今年は新型コロナウイルス感染防止策のため、昨年に続いてコースを駐屯地内に限定。1周約2・6キロの滑走路を周回するハーフマラソンで無観客で行われた。

 上位成績は以下の通り。

◆箱根駅伝予選会上位成績

1位 明大    10時間33分21秒(4年連続63回目)
2位 中大    10時間37分38秒(5年連続95回目)
3位 日体大   10時間39分32秒(74年連続74回目)
4位 山梨学院大 10時間41分15秒(2年連続35回目)
5位 神奈川大  10時間41分57秒(12年連続53回目)
6位 法大    10時間42分12秒(7年連続82回目)
7位 中央学院大 10時間43分08秒(2年ぶり22回目)
8位 駿河台大  10時間44分47秒(初出場)
9位 専大    10時間44分58秒(2年連続70回目)
10位 国士舘大  10時間45分41秒(6年連続50回目)

※10位までが本大会出場

11位 拓大 10時間46分36秒 12位 大東文化大 10時間48分08秒 13位 筑波大 10時間48分14秒 14位 上武大 10時間49分29秒 15位 城西大 10時間49分32秒

【シード校(前回本大会10位以内)】駒大、創価大、東洋大、青学大、東海大、早大、順大、帝京大、国学院大、東京国際大

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月23日のニュース