女子1万代表・新谷 1日3レースの異例調整「課題はたくさんです」

[ 2021年7月18日 05:30 ]

女子1500メートルで力走する新谷仁美(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 東京五輪女子1万メートル代表の新谷仁美(33=積水化学)が1日3レースという異例の調整を行った。

 気温が30度を超える条件の中で、3000メートルを連続で2本、約30分後に1500メートルを走りきり完全燃焼。「自己ベストを狙っていたが、どちらもできなかった。課題はたくさんです」と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月18日のニュース