松井秀喜氏の親戚、序ノ口・松井 初の本場所土俵で白星挙げる

[ 2021年5月11日 05:30 ]

大相撲夏場所2日目 ( 2021年5月10日    両国国技館 )

時津風部屋の松井
Photo By スポニチ

 春場所の新弟子検査に合格し、今場所から番付にしこ名が載った序ノ口力士が初めて本場所の土俵で相撲を取った。ヤンキースなどで活躍した松井秀喜さんの親戚に当たる松井(時津風部屋)は、旭大海を押し倒し、白星を挙げた。

 朝走雷(高砂部屋)は三重・文岡中時代の12年、全国中学校体育大会で陸上男子400メートルリレーの優勝メンバー。黒星発進となったが「スピードで相手を翻弄(ほんろう)する相撲を取っていきたい」と目を輝かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月11日のニュース