女性アスリート競技画像悪用で逮捕者 山下会長「抑止力を高める第一歩として歓迎」

[ 2021年5月11日 13:20 ]

JOCの山下泰裕会長
Photo By スポニチ

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長が11日、女性アスリートの競技画像をアダルトサイトに無断転載した男性の逮捕発表を受け、「さらに抑止力を高める第一歩として歓迎したい」とコメントした。

 JOCは昨年11月、選手の撮影被害などの問題でスポーツ庁らと共同声明を発表し、警視庁と情報を共有してきた。山下会長は「その結果として、今回の逮捕につながったことはさらに抑止力を高める第一歩として歓迎したいと思います。また、今後も警視庁として違法行為の取り締まりに取り組んでいただけると聞いており、引き続き情報共有を図ってまいります」とし、さらに「スポーツ界全体でステートメントを発信したことが、多くの方々のご理解・賛同を生み、関係機関の協力につながったと捉えています。引き続きすべてのアスリートが安心して競技に集中できる環境を守るために関係団体と連携してまいります」と発表した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月11日のニュース