Bリーグ、プレーオフCS組み合わせ決定 14日から8チーム参加

[ 2021年5月11日 05:30 ]

 Bリーグのレギュラーシーズン最終戦が行われ、東地区のSR渋谷は同2位の千葉に83―104で敗れて38勝22敗となり、ワイルドカード下位でプレーオフのチャンピオンシップ(CS)に進出することが決まった。

 千葉は43勝14敗。8チームが参加して14日に始まるCSの組み合わせが決まり、宇都宮―SR渋谷、琉球―富山、千葉―三河、大阪―川崎となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月11日のニュース