17日開幕カーリング混合ダブルス世界選手権 吉田夕&松村、家族の絆でV目指す

[ 2021年5月11日 05:30 ]

カーリング混合ダブルスの世界選手権を前に、オンラインで記者会見する吉田夕、松村
Photo By 共同

 カーリングの混合ダブルス世界選手権(17日開幕、スコットランド)に出場する日本代表の吉田夕梨花(27=ロコ・ソラーレ)松村雄太(31=コンサドーレ)組が10日、オンラインで取材に応じた。

 6チームによる決勝トーナメント進出などで、22年北京五輪の出場権を獲得。吉田夕の姉と松村が結婚しており、義理のきょうだいペアで夢舞台を目指している。吉田夕は「右肩上がりで自分たちのパフォーマンスをすることが目標」と力を込めた。9月には吉田夕・松村を含めた3ペアで代表決定戦を行う。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月11日のニュース