炎鵬痛っ!宇良との業師対決で右腕負傷…小手投げできめられた

[ 2021年5月11日 05:30 ]

大相撲夏場所2日目 ( 2021年5月10日    両国国技館 )

宇良(右)との取組で右腕を負傷した炎鵬(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 人気力士の十両・炎鵬が宇良との“業師対決”で右腕を負傷したもようだ。もろ差しになって攻めたが、相手の左小手投げで右腕を強烈にきめられ土俵を割った。

 2連敗を喫し、取組後は腕を抱えて険しい表情。3日目以降の出場が心配される。プロ初対戦となった春場所に次いで炎鵬に連勝した宇良は「(土俵際は)ここを逃してはダメと思った。残りも自信を持って相撲を取っていきたい」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月11日のニュース