朝乃山 差し手争い後手で苦杯「前出て土俵際もしっかり詰めて」

[ 2021年5月11日 05:30 ]

大相撲夏場所2日目 ( 2021年5月10日    両国国技館 )

明生(左)に押し出される朝乃山(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 朝乃山は差し手争いで後手に回り、力をつけてきた明生に屈した。相手に左差しを許し右でおっつけながら出たものの、右からのすくい投げで体が泳いだ。

 何とか左足一本で残したが、追撃の押しを浴びて万事休した。3日目は会心の相撲で正代を破った若隆景戦。「切り替えるしかない。前に出て、土俵際もしっかりと詰めていきたい」と自分に言い聞かせるように話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月11日のニュース