×

フィフィタ封じの切り札だ!早大CTB平井が先発復帰「何回も立ち上がる」11日ラグビー大学選手権決勝

[ 2021年1月9日 22:31 ]

11日の決勝戦に向け、決意を語る早大・平井亮佑
Photo By スポニチ

 11日のラグビー全国大学選手権決勝(東京・国立競技場)で対戦する早大と天理大は9日、登録メンバー23人を発表した。2大会連続17度目の大学日本一を目指す早大は、2日の準決勝・帝京大戦から先発1名を変更。伊藤大祐(1年)に代わり12番で先発する平井亮佑(4年)が、天理大のスーパーエース、CTBシオサイア・フィフィタ(4年)封じに挑む。

 東京都杉並区の自校グラウンドで行われた練習に参加した平井は、「ピークをここに持ってきた。今はしっかり走れる」と話した。昨年11月23日の慶大戦後に足首を負傷。その後3試合はメンバー外だったが、大学最後の公式戦で見事にアカクロの12番を勝ち取った。

 本人が「強いボールキャリー、タックルに何回も行くことが強み」と語る通り、すでにスーパーラグビーでも活躍したフィフィタ封じこそ使命。後半途中からは抜群のアタックセンスを誇る伊藤が投入されるとみられ、スタミナ配分度外視でキックオフからバチバチ体を当てていく覚悟。「(フィフィタは)大学のセンターでも一番強い。そこに引かずに自分から前に仕掛け、何回も立ち向かっていくことに集中し、プレッシャーを掛けていきたい」と決意を述べた。

 東京都などに緊急事態宣言が発令される中、観客を入れて開催される決勝で、早大は優勝しても第2部歌「荒ぶる」をグラウンド上で歌わないことを決めた。それでも部員の思いは一つ。平井は「ここまで来たからには、最後は楽しんで勝ちきりたい。(メンバー外の)みんなの思いも背負って優勝したい」と言葉に力を込めた。

 ▽早大登録メンバー
(1)久保  優(4年・筑紫)
(2)宮武 海人(3年・早大学院)
(3)小林 賢太(3年・東福岡)
(4)大崎 哲徳(3年・国学院久我山)
(5)下川 甲嗣(4年・修猷館)
(6)相良 昌彦(2年・早実)
(7)村田 陣悟(1年・京都成章)
(8)丸尾 崇真(4年・早実)
(9)小西 泰聖(2年・桐蔭学園)
(10)吉村  紘(2年・東福岡)
(11)古賀 由教(4年・東福岡)
(12)平井 亮佑(4年・修猷館)
(13)長田 智希(3年・東海大仰星)
(14)槙  瑛人(2年・国学院久我山)
(15)河瀬 諒介(3年・東海大仰星)
(16)川崎 太雅(1年・東福岡)
(17)横山 太一(3年・国学院久我山)
(18)阿部 対我(3年・早実)
(19)桑田 陽介(3年・明和)
(20)田中 智幸(3年・早大学院)
(21)河村 謙尚(3年・常翔学園)
(22)伊藤 大祐(1年・桐蔭学園)
(23)南  徹哉(4年・修猷館)

 ▽天理大登録メンバー
(1)谷口祐一郎(4年・東海大仰星)
(2)佐藤  康(3年・天理)
(3)小鍛治悠太(4年・大産大付)
(4)アシペリ・モアラ(3年・日本航空石川)
(5)中鹿  駿(4年・光泉)
(6)服部 航大(3年・天理)
(7)松岡 大和(4年・甲南)
(8)山村 勝悟(2年・天理)
(9)藤原  忍(4年・日本航空石川)
(10)松永 拓朗(4年・大産大付)
(11)マナセ・ハビリ(1年・高知中央)
(12)市川 敬太(4年・日新)
(13)シオサイア・フィフィタ(4年・日本航空石川)
(14)土橋源之助(4年・光泉)
(15)江本 洸志(3年・日本航空石川)
(16)谷口 永遠(2年・関大北陽)
(17)高橋虎太郎(3年・報徳学園)
(18)西山 隆希(4年・興国)
(19)ナイバルワガ セタ(2年・秋田工)
(20)ジョネ・ケレビ(3年・ナタプア)
(21)臼井礼二朗(4年・天理)
(22)藤田 大輝(3年・伏見工)
(23)豊田 祐樹(1年・天理)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月9日のニュース