×

海外メディアは懐疑論「ウイルスの急速な広がりが…」

[ 2021年1月9日 05:30 ]

どうなる東京五輪

 東京五輪開催に海外メディアから懐疑論が出始めている。AP通信は7日に「ウイルスの急速な広がりが五輪の計画を危うくしている」と報じた。

 各メディアは中止または再延期すべきだとの回答が6割を超えた日本の世論調査の結果を紹介するなど、開催を不安視する論調が主流。

 フランス国営テレビ(電子版)は「新たな緊急事態、五輪に影を落とす」と題した記事で「世論の疑念、不信感を引き起こしている」と報じた。また、英スカイスポーツ(電子版)も「国民の疑念が高まっているのに、政治家は五輪を開催すべきだと繰り返し訴えている」と批判的に伝え、4月までに開催可否が判断されるとの見方も示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月9日のニュース