×

初場所“異例の事態”…3場所連続で横綱不在、注目は大関・貴景勝の綱獲り

[ 2021年1月9日 05:30 ]

大相撲初場所 10日初日

大関・貴景勝
Photo By スポニチ

 3場所連続で初日から両横綱不在の異例の事態で、最大の注目は大関・貴景勝の綱獲りだ。内容が伴う高いレベルでの2連覇なら最高位への昇進が現実味を帯びてくる。貴景勝は13勝以上でアピールしたいところ。

 師匠の常盤山親方(元小結・隆三杉)によると、年明けから関脇・隆の勝と精力的に稽古して順調。古傷の両膝も問題なさそうで、優勝争いの本命だろう。初の綱獲りの重圧に負けず、重たい押しを貫けるかが鍵だ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月9日のニュース