×

桐蔭学園・青木 “自分たちの代での優勝”に歓喜「試合中から笑顔が止まらなかった」

[ 2021年1月9日 17:02 ]

第100回全国高校ラグビー大会決勝   桐蔭学園32-15京都成章 ( 2021年1月9日    花園ラグビー場 )

<桐蔭学園・京都成章>  後半 豪快に京都成章守備網を突破する桐蔭学園・青木    (撮影・成瀬 徹)  
Photo By スポニチ

 史上最多63校がそろう第100回全国高校ラグビー大会の決勝が9日、花園ラグビー場(大阪府東大阪市)で行われ、前回大会の覇者・桐蔭学園(神奈川)が、32-15で、初優勝を狙う京都成章(京都)を破り、大会連覇を達成した。桐蔭学園は2大会連続で3度目の優勝。89回から91回まで3連覇した東福岡以来、史上9校目の連覇を果たした。

 前半19分に、一時逆転となるトライを奪ったロック青木恵斗(3年)は「自分が流れをつくらなくちゃ、と思ったので、あそこで取れてよかったと思います」と喜び、さらに「去年と違って、自分たちの代(での優勝)で、うれしくて。試合中からみんな笑顔が止まらなかったんで。今までで一番うれしいです」と、目じりを下げた。

 試合後には、京都成章のロック本橋と声を掛け合う一幕があり、「お互い大学が一緒なので、今度は大学で頑張ろうと話してました」と明かした。

 ▼桐蔭学園・フランカー粟飯原謙(後半2分に相手のパスミスを拾って中央へ勝ち越しトライ。昨年は背番号25で、準々決勝以降は出番なし)「FWの中で、ずっと走り続けようと思っていました。チームがしんどい時には自分のことを見てくれれば、みんなが頑張れるように。トライしても、常に0-0という意識でみんなやっていました。去年の優勝は自分たちのものではない。まだ実感はないですが、うれしいです」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月9日のニュース