ソフトボール女子 代表主将・山田恵里、藤田倭が所属チーム退団

[ 2020年12月4日 05:30 ]

ソフトボール女子日本代表・主将の山田恵里外野手(日立)
Photo By スポニチ

 ソフトボール女子日本代表で主将を務める山田恵里(36)と、投打の「二刀流」で期待される藤田倭(29)が日本リーグの所属チームを今季限りで退団することが3日、分かった。今季は山田が日立、藤田は太陽誘電でプレーしていた。来年の東京五輪に向けた代表活動は継続する。

 東京五輪の代表候補である洲鎌夏子(31)と江口未来子(29)も、所属先の豊田自動織機を退団。江口は来年の東京五輪出場を断念し、今後、米国のプロリーグに参戦することも判明した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年12月4日のニュース