×

畑岡奈紗 18番池ポチャも4差16位発進「かみ合えば上にいける」

[ 2020年11月7日 05:30 ]

日本女子プロゴルフツアー TOTOジャパンクラシック第1日 ( 2020年11月6日    茨城県 太平洋クラブ美野里C=6554ヤード、パー72 )

1番、ティーショットを放つ畑岡(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 18年大会覇者の畑岡はフェアウエーキープ率57・14%とティーショットに苦しみながらも16位と上々のスタートを切った。

 最終18番パー4で2打目をグリーン手前の池に入れてボギー。ただし、スコアを落としたのはこのホールだけだった。「重心の位置が安定せず、テークバックを上げたいところに上げられていなかった」と原因は把握済み。首位とは4打差。世界ランク6位の実力者は「かみ合えば上にいけると思います」と地元Vを見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月7日のニュース