男子500メートル・新浜立也「国内最高記録を更新したい」

[ 2020年10月23日 05:30 ]

スピードスケート 全日本距離別選手権開幕 ( 2020年10月23日    長野市エムウエーブ )

公式練習で調整する新浜(アフロスポーツ/JSF提供)
Photo By 共同

 スピードスケートのシーズン開幕を告げる全日本距離別選手権が23日、長野市エムウエーブで開幕する。22年北京五輪のプレシーズン初戦。22日の公式練習後に有力選手が取材に応じ、18年平昌五輪女子500メートル金メダルの小平奈緒(34=相沢病院)は、「五輪が目の前に見えてきた。ワクワクしている。たくさんの人の心を震わせるスケーティングを表現したい」と、力を込めた。

 男子500メートルで3連覇を目指す新浜立也(24=高崎健康福祉大職)は、昨季のW杯男子500メートルで、日本勢19季ぶりとなる種目別総合優勝を達成。2月にノルウェー・ハーマルで行われた世界選手権では、スプリント部門で日本勢男子2人目となる総合優勝を果たした。今夏は、第2コーナーの技術の向上に注力し、「さらに上にいける感覚はある。国内最高記録を更新したい」と目標を掲げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月23日のニュース