男子やり投げ「復活」ディーン元気 フィンランドで11月に強化計画

[ 2020年10月23日 05:30 ]

練習を公開した陸上男子やり投げのディーン元気
Photo By スポニチ

 陸上・男子やり投げのディーン元気(28=ミズノ)が22日、兵庫県尼崎市で練習を公開した。両肩にかけたチューブで地面側に引っ張られながら、ジャンプや腿上げを行い「やり投げ以外の器用さが、投げるダイナミックな動きの中での繊細さにつながる」と狙いを説明した。

 また、ハードル台を使った体幹トレなど、身の回りのもので使えるものは何でも活用した。この取り組みが、100キロ近い体重でも動ける体をつくり、84メートル05を投げた8月の復活優勝につながった。

 11月下旬からフィンランドでの強化を計画しており「ケガに気を付けてトレーニングを継続し、技術の精度を上げたい」と目標の東京五輪へじっくりと体をつくる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月23日のニュース