ホッケー女子代表“さくらジャパン”ファリー監督、退任発表 後任は「最良の人物に」

[ 2020年10月23日 05:30 ]

ホッケー女子日本代表のアンソニー・ファリー監督(左)
Photo By 共同

 日本ホッケー協会は22日、女子日本代表のアンソニー・ファリー監督(47)が10月末の契約満了に伴い退任すると発表した。東京五輪延期を受けて契約継続を打診していたが、同監督から新型コロナウイルスへの懸念などで日本在住は困難との強い要望があった。

 後任監督は未定で、日本協会は「チームにとって最良の人物の選定を鋭意進めている」としている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月23日のニュース